image

担当している仕事について教えてください

大阪府堺市にある三宝製作所の保全課に所属しています。保全課は、生産設備の維持管理を計画的に行っており、現場からの設備改善や修理の依頼、更新などを実施します。
その中で、私は、電気設備に関する全般を担当しています。業務内容は、受変電設備管理、生産設備の更新、安全性、生産効率を高める改善、突発故障対応、省エネ、保全カレンダーに沿った計画的な保全、故障解析などです。
故障対応や現場調査、工事管理などでは生産現場、いわばフロントラインに出向くことが多い職場です。

仕事のやりがい

モノづくりの現場では、電気のプロは絶対数が少なく、それだけに皆さんから頼られる存在です。大規模なプロジェクトが始動するとプレッシャーはありますが、完工した際には、達成感があり、それが仕事のやりがいにつながっています。
昨年、製作所内の事務棟、開発棟、厚生棟を集約した事務開発厚生棟新設に伴う工事の電気関係を担当しました。この建築工事に伴なって製作所内のネットワーク設備、電話設備、放送設備の機器、配線の一斉切替も実施しました。切り替えに伴い不明配線が多々見つかり調査にかなり苦労しました。それだけに計画から約2年に及ぶ工事が完了したときには、安堵と共に達成感がありました。

写真

上司や先輩、同僚などから言われた印象に残っている言葉は?

「現場百回」

刑事ドラマでよくある言葉らしいですが、故障対応時に行き詰まり、悩んでいた時に先輩から掛けられた言葉です。
原因不明で、時々異常が発生して、また復旧してしまうような故障は厄介です。何度も現場を調査し、異常時の模様をオペレーターからヒアリングし、データ採取をすることで、異常原因を絞り込み、問題解決を図っていきます。
日々の業務においても、現場をよく観る、よく聞く、感じることで新たな閃きがあります。

三菱伸銅に入社して良かったことは?

入社して何もわからなかったときに、時間を掛けて丁寧に仕事を教えてくれる先輩が多かったことです。厳しくもやさしい指導のおかげで、今の私があると思います。まさにオン・ザ・ジョブ・トレーニングです。日々の業務からも勉強になります。

ある日のスケジュール

  • 8:00出社、朝礼、メールチェック
  • 9:00定期修繕工事立会い
  • 10:00工事業者と工事仕様や工程の打ち合わせ
  • 12:00昼食
  • 13:00会議。計画保全の進捗確認
  • 14:00着工前の現場確認・調査
  • 15:00定期修繕工事試運転
  • 16:00工事報告書、工事仕様書作成
  • 17:00退社

写真

就業後や休日はどのように過ごしていますか?

就業後も別部署の方や製作所内の関係会社の方などとコミュニケーションを通じて、仕事以外の話しや考え方を聞き、それが自身の成長にも役立っています。
休日は、スポーツ観戦や、学生時代の友人とフットサルを楽しんでいます。また、最近では子どもたちのリクエストで和歌山方面に海釣り、淀川や野池にバス釣りに行くことが多いです。

今後の目標を教えてください

現在、取り組んでいる次世代型の保全テーマとしてIoTを活用した予防保全プロジェクトがあります。これは、三菱マテリアルグループ全体で取り組んでいる大きなプロジェクトですが、三宝製作所がモデル設備に選ばれ、運用方法や、課題を抽出中です。
生産設備に多数のセンサーを設置して、設備の劣化状態を計測・監視し、データを集約・管理し、可視化することで、定期点検や部品交換では対応できない突発故障を未然に防ぐことを目的としています。是非、このプロジェクトを通じて、効率的かつ効果的に故障削減を実現させたいと考えています。

仕事で愛用しているパーソナルグッズ

写真LEDハンディライト
突発故障対応時の必須アイテムです。停電作業や薄暗い制御盤内の線番、部品の銘板、設備の状況確認などピンポイント照射させて目視確認しています。驚異的な明るさです。ズーム・ワイド機能もあって重宝しています。
ヘルメットにもLEDヘッドライトを装着しています。

就活生に向けたメッセージ

会社説明会などでは、仕事内容や工場、現場のことなども、できるだけ詳しく話しを聞いてみると良いと思います。
様々な企業の生産現場を見ることができるのは就職活動中の今だからできることです。モノづくりの現場見学の機会を積極的に活用し、実際に企業の社風、雰囲気を感じてみてください。
三菱伸銅は多くのことが経験できる良い会社です。生産現場やモノづくりに興味のある方は一緒に働きましょう。

技術部 保全課
若宮 崇宏(2002年入社)
  • 理工学部 電気工学科

写真

このページの先頭へ戻る