image

担当している仕事について教えてください

若松製作所で、当社主力の銅合金条製品を基本に、高性能化、多様化させた新製品の工程試作や、お客さまへのPR、拡販活動に取り組んでいます。開発というと、研究室にこもって仕事をするというイメージがあるかと思いますが、最近では、直接お客さまのもとに赴いて話をうかがったり、提案をしたりと、営業的な立場での働き方も求められていると感じています。
開発部での経験は浅いですが、現場や生産技術で学んだ経験を活かしたモノづくりを実践し、戦力になれるよう頑張ります。

仕事のやりがい

直近まで生産技術課にいた観点から述べると、生産設備の不具合による停止は会社の損益要因となるため、不具合発生時のスピーディな対応や改善活動にやりがいや責任を感じていました。
また、品質向上、設備省略によるコストダウンなど、製造の工程改善にも取り組んでいます。繰り返しテストによる試行錯誤の末、成功した時には、大きな達成感と周りからの信頼感を得ることができました。
一方、開発部で担当している拡販活動では、お客様への積極的なアプローチや性能評価フォローを行ってきた結果、量産採用を掴むことができました。成果を上げるのが難しいこの部署で、日々蒔いた種が実る瞬間に関われて大変やりがいを感じております。

写真

上司や先輩、同僚などから言われた印象に残っている言葉は?

「スペシャリストとゼネラリストの双方のスキル向上を目指し、会社を引っ張っていく存在になってほしい」

入社して間もない頃、上司に言われた言葉です。
期待されると喜びと、同じくらいの責任の重みに、身の引き締まる思いがしました。「誰にも負けない専門知識」と「全体的な知識」を兼ね備えることは簡単ではないと思いますが、多角的視野を持って仕事に取り組むことで、双方の成長につながるように努力しています。

三菱伸銅に入社して良かったことは?

恵まれた人間関係の中で仕事へ取り組むことができ、努力した点が第三者の目から見て評価され、信頼される点です。
何事も、個人プレーは弱いと認識しているのですが、ここでは、個人で動くのではなく、みんなでディスカッションをして、時には先人の知恵を借りることができる。コミュニケーションがしっかりと取れる職場だと感じています。
また、ゴルフ部やランニングクラブなど、課外活動が充実している点も良いですね。大会に参加したり、会社の仲間、上司も含めて色々な人がコンペを主催したりしてします。

ある日のスケジュール

  • 8:00出社、メールチェック、業務スケジュール確認
  • 9:00試作テスト品の工程進捗チェック
  • 10:00試作品の製品特性評価
  • 12:00所内で昼食
  • 13:00ミーティング
    (開発品のテーマ報告など)
  • 14:00会議資料作成
  • 16:00出張段取り調整
    (お客さまへのPR活動、定例会議他)
  • 17:00明日の業務予定整理、退社

写真

就業後や休日はどのように過ごしていますか?

基本的に体を動かすことが好きで、学生時代からバレーボールをやっていました。会社の仲間とは、夏はゴルフ、冬はスノーボードを楽しんでいますね。
娘が生まれてからは、もっぱら育児活動や家族サービスに力を入れています。家族の支えがあってこそですが、仕事と家庭のバランスも、なんとか取れているのではないかと思います。

今後の目標を教えてください

だいぶ開発部での業務にも慣れてきました。自身と職場の更なる向上のため、あらゆる視点から物事を考え、こだわりと熱意を伝え続け、日々の努力を怠らず、取り組み続けたいと思います。会社を背負っていく上で、管理職があたりまえにやっているようなことを、自分たちもやらなければならないと感じます。
その他、担当製品の拡販化を活発に行ない、会社の利益に貢献すること、意識的なトレーニングによる英語力の向上にも力を入れたいですね。

仕事で愛用しているパーソナルグッズ

写真手帳、カメラ
手帳は、スケジュール管理、業務ワンポイント記載などに便利です。カメラは、設備が故障した時など、原因のポイントとなる部分を写真に撮るために使います。百聞は一見に如かずと言いますが、様々な事象を説明するのに、最も簡単で分かりやすい方法だと思っています。

就活生に向けたメッセージ

企業は様々な分野の人間が集団となり成立しているため、「皆さんが興味のある企業」と「皆さんが学んだ学問」があまり関連のないものとは思わず、沢山チャレンジしてみることをお勧めします。 頑張ってください!

開発部
秋坂 佳輝(2006年入社)
  • 材料工学科

写真

このページの先頭へ戻る