MNEX
ハイ・コストパフォーマンス銅合金

MNEX10は次世代ハイ・コストパフォーマンス銅合金として開発した、優れた端子性能と低コスト化に貢献する世界で最初のCu-Zn系合金です。
従来のCu-Zn系の弱点であった、高温や腐食環境下でのばね性低下を克服した革新的な材料です。
優れた端子性能の発揮と低コスト化に貢献し、コルソン系銅合金およびりん青銅の代替材として好適です。

合金の位置付け

図

車載や民生の様々な用途に応用可能な特性を有している銅合金。
高強度、高導電率、優れた曲げ加工性、高い耐応力緩和特性を併せ持ちます。

このページの先頭へ戻る

主な特長

  • 1) コルソン合金に匹敵する優れた耐応力緩和特性を有しています。
  • 2) C2600(黄銅)に比べて、耐応力腐食割れ性に優れています。
  • 3) 安価なZnを1割添加することにより、コストパフォーマンスに優れています。
  • 4) りん青銅、コルソン系銅合金の代替材として好適です。
  • 5) 日本自動車技術会規格(JASO D 620)のクラスJC400に適合しています。(質別H、EH)
  • 6) 表面光沢や耐ウィスカー性に優れるリフローSnめっきも可能です。

このページの先頭へ戻る

主な用途

  • 車載用端子、民生用端子、バスバー、ばね材、プレスフィット端子

このページの先頭へ戻る

化学成分

(重量%)
Zn Ni Sn Fe P Cu
10 0.6 0.6 0.01 0.04 残部

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

このページの先頭へ戻る

物理的性質

特性 代表値
比重
(297K)
8.8
熱膨張係数
(×10-6/K : 293~573 K)
18.4
熱伝導率
(W/(m・K) : 293 K)
138
体積抵抗率
(µΩm : 293 K)
0.057
導電率
(%IACS : 293 K)
30
縦弾性係数
(kN/mm : 293 K)
123

このページの先頭へ戻る

機械的性質

  質別 実績例
H EH H EH
引張強さ
(N/mm)
500〜600 550〜650 541 580
0.2%耐力
(N/mm)
450〜550 500〜600 508 546
伸び
(%)
7以上 3以上 11 10
ばね限界値
Kb0.1(N/mm)
350以上 400以上 493 589
ビッカース硬さ
(HV)
(150〜190) (160〜210) (168) (182)

※ 参考値

このページの先頭へ戻る

応力緩和特性

図

  • 暴露温度:150℃ GoodWay(曲げ軸が圧延方向に垂直)
  • 曲げ応力:0.2% 耐力の80%

右にMNEX10の残留応力率を示します。

MNEX10はC5210(りん青銅)やC2600(黄銅)に比べて優れた耐応力緩和特性を有し、コルソンおよびりん青銅の代替として、端子やばね材などの用途に極めて高い信頼性があります。

このページの先頭へ戻る

曲げ加工性

質別 サンプリング方向
(圧延方向に)
曲げ内側半径(mm)R 評価
0.0 0.1 0.125 0.15 0.2 0.25 0.40 R/t
H 0°:(Good Way) 0.0
90°:(Bad way) 0.0
EH 0°:(Good Way) 0.0
90°:(Bad way) 0.5

評価方法:◎良好(合格)、○肌荒れ小(合格)、△肌荒れ大(合格)、▲割れ小(不合格)、×割れ大(不合格)

質別 H EH
サンプリング方向
(圧延方向に)
G.W. B.W. G.W. B.W.
曲げ内側半径(mm)R 0.0
0.1
0.125
0.15
0.20
0.25
0.40
評価 R/t 0.0 0.0 0.0 0.5

評価方法:◎良好(合格)、○肌荒れ小(合格)、△肌荒れ大(合格)、▲割れ小(不合格)、×割れ大(不合格)

このページの先頭へ戻る

疲労特性

図

MNEX10の疲労特性を右に示します。

MNEX10は、ばね用りん青銅や黄銅と比べて同等以上の疲労特性を有しています。

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

営業統括本部 営業一部 (東京)

  • 第2グループ03-6629-5865

営業統括本部 営業二部 (大阪)

  • 第1グループ072-233-2967

お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ戻る