ECOBRASS
鉛レス・鉛フリー黄銅

エコブラスは、鉛フリーでありながら、高強度かつ切削性・耐食性に優れた合金です。ELV指令、RoHS指令もクリアーできる快削性銅合金であり、優れた特性を利用し、部品の小型化・軽量化が可能になります。
自動車部品・電気電子機器部品・水栓部品での採用例も多く、世界中で幅広く使用して頂いています。

合金の位置付け

エコブラスは、不純物であるPb量が0.09%以下であり、ELV指令・RoHS指令に対応したCdフリー・鉛フリー銅合金です。また、人体にも安全なSiを添加することで合金特性を向上していますが、人体や環境負荷の大きい元素やレアメタルは添加していません。また、JIS規格(C6932(棒)・CAC804(鋳物))を始め、ASTM(C69300(棒)・C87850(鋳物))・DIN(CW724R(棒))にも規格登録されており、グローバルマテリアルです。

このページの先頭へ戻る

主な特長

  • 1) 切削条件を調整することで、C3604と同等の切削性・量産性が確保できます。
  • 2) 銅合金中では比重が小さく、SUS304と同等の高強度であるため、部品の小型化・軽量化が可能です。
  • 3) 脱亜鉛腐食問題や応力腐食割れ問題を解決できます。
  • 4) C3604よりも優れた耐摩耗性があります。
  • 5) C3771と同等の優れた熱間鍛造性があります。
  • 6) 湯流れ性が良く、鋳物用銅合金としても最適です。

このページの先頭へ戻る

主な用途

  • 1) 自動車部品では、ELV指令対応、高強度、切削性、優れた耐摩耗性を重視した用途
  • 2) 電気電子部品では、RoHS指令対応、高強度、切削性を重視した用途
  • 3) 水栓部品では、NSF認定可能、Ni規制対応、Pb規制対応、鍛造性・鋳造性・切削性を重視した用途

このページの先頭へ戻る

化学成分

エコブラスの化学成分を示します。

(重量%)
Cu Si Zn Pb P
75.5 3.0 残部 0.09以下 0.1

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

このページの先頭へ戻る

物理的性質

エコブラスの物理的性質を示します。

特性 ECOBRASS C3604 CAC406
密度
g/cm3
8.3 8.5 8.8
熱伝導度
W/m・K
45 130 70
導電率
%IACS
8 26 15
線膨張係数
×10-6/℃
20 21 18
液相温度
890 885 860
固相温度
855 900 1010

このページの先頭へ戻る

機械的性質(実績例:LD方向)

エコブラスの機械的性質を示します。

特性 ECOBRASS C3604
引張強さ
MPa
540~700 380~490
0.2%耐力
MPa
250~550 150~350
伸び
15~40 15~40
断面硬さ
HV
150~220 100~150
鋳物※代表値
特性 ECOBRASS※ CAC406※
引張強さ
MPa
400 220
0.2%耐力
MPa
170 -
伸び
20 15

このページの先頭へ戻る

切削性

C3604は、軟質で低融点なPb粒子に応力集中し、切屑が分断されます。
一方、エコブラスは、α・κ・γの3相で構成され、切削時に硬質なκ・γ相に応力集中し、切屑が分断します。

切削性のメカニズム

図

  • 乾式切削、切削速度150mm/min、切り込み1.5mm、送り0.1mm、
    ノーズR:0.4mm

このページの先頭へ戻る

耐脱亜鉛腐食性

エコブラスの耐脱亜鉛腐食性能を示します。
エコブラスは従来の黄銅とは異なり、脱亜鉛腐食に強いため、水栓系部品などにも安心してお使いいただけます。

ISO6509 脱亜鉛腐食試験 / μm
合金 最大脱亜鉛腐食深さ 平均脱亜鉛腐食深さ
エコブラス 棒 20 <10
エコブラス 鍛造品 20 <10
エコブラス 鋳物 15 <10
C3604 棒 1000 900
C3771 鍛造品 900 800
CAC406 砂型鋳物 <10 <10

このページの先頭へ戻る

耐応力腐食割れ性

JIS H 3250 時期割れ試験に準ずる方法で割れの発生する時間を比較しました。C3604・C3771は2時間で割れが発生しますが、エコブラスは10日以上で維持できます。

耐応力腐食割れ性

図

このページの先頭へ戻る

耐摩耗性

潤滑下のアムスラー摩耗試験でエコブラスとC3604の摩耗減量を比較しました。
エコブラスの摩耗減量は、C3604の1/50しかなく、優れた耐摩耗性が確認できます。

耐摩耗試験

写真 試験方法
写真 試験結果

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

営業統括本部 営業二部 (大阪)

お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ戻る