無酸素銅、タフピッチ銅、りん脱酸銅

銅は工業材料のなかでは最高の導電性・熱伝導性を有するため導電部品に多く使用されますが、その優れた展延性、耐食性を活かして配管や水栓部品でも活躍します。さらに継続して使用すると次第に緑青と呼ばれる美しい色調へと変化します。もちろん緑青は人体に無害です。
注意:以下のデータと情報は、合金比較の目的で示されたものであり、購入仕様として使うことを意図したものではありません。

合金の位置付け

三菱マテリアル株式会社より供給される高品位の純銅鋳塊を加工し、板、条、棒の各形状で提供致します。

このページの先頭へ戻る

主な特長

無酸素銅は電気・熱の伝導性、展延性・絞り加工に優れ、溶接性・耐食性・耐候性がよく、還元性雰囲気中で高温に加熱しても水素脆化を起こしません。
タフピッチ銅は純度99.9%程度の銅であって、電気・熱の伝導性に優れ、絞り性・耐食性・耐候性がよく、広く導電用材料としてお使いいただけます。
りん脱酸銅は押広げ性・曲げ性・絞り加工性・溶接性・耐食性・耐候性・熱伝導性に優れており、C1220は還元性雰囲気中で高温に加熱しても水素脆化を起こすおそれがありません。

このページの先頭へ戻る

主な用途

  • 無酸素銅、タフピッチ銅
    バスバー(ブスバー)、パワーモジュール用ベース板、ヒートスプレッダー、リチウムイオン電池用タブリード電極、トランス用コイル材、ガスケット、母線
  • りん脱酸銅
    給湯器用、空調配管材、建築用、水道用電気冷蔵庫用、ヒューズキャップ

このページの先頭へ戻る

化学成分

無酸素銅(C1020)の化学成分を示します。

(重量%)
Cu
99.96Min

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

タフピッチ銅(C1100)の化学成分を示します。

(重量%)
Cu
99.90Min

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

りん脱酸銅(C1220)の化学成分を示します。

(重量%)
Cu P
99.90Min 0.03

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

このページの先頭へ戻る

物理的性質

C1020およびC1100の物理的性質を示します。注意:物理的性質は平均をとっています。

特性 代表値
比重 8.94
熱膨張係数
×106/K(20~300℃)
17.7
熱伝導率
W/(m・K)(20℃)
391
体積抵抗率µΩm 0.0171
導電率(%IACS) 101
縦弾性係数(kN/mm 118

C1220の物理的性質を示します。注意:物理的性質は平均をとっています。

特性 代表値
比重 8.94
熱膨張係数
×106/K(20~300℃)
17.7
熱伝導率
W/(m・K)(20℃)
339
体積抵抗率µΩm 0.0203
導電率(%IACS) 85
縦弾性係数(kN/mm 118

このページの先頭へ戻る

機械的性質

無酸素銅(C1020)、タフピッチ銅(C1100)、りん脱酸銅(C1220)の機械的性質を示します。

  質別(暫定)
0 1/4H 1/2H H EH
引張強さ
[N/mm]
195~255 215~275 245~315 275~345 315Min.
伸び
[%min]
35 25 15    
ビッカース硬さ
[HV]
60Max. 55~75 75~90 90~105 100Min.

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

営業統括本部 営業一部 (東京)

  • 第2グループ03-6629-5865

営業統括本部 営業二部 (大阪)

  • 第1グループ072-233-2967

お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ戻る