C151
高導電性銅合金

無酸素銅同等の導電率と強度、耐熱性のバランスが優れたハイパワー系リードフレーム用銅合金。

合金の位置付け

図

C151は純銅に0.1%のジルコニウムを添加した銅合金です。単純な成分で高導電率を維持しつつ、強度と耐熱性を向上させることに成功しました。また特殊な製造工程を通すことにより、さらに高耐熱化を図ったC151Sを取り揃えています。

このページの先頭へ戻る

主な特長

  • 1) 電気および熱電伝導性が極めて良好です。
  • 2) 純銅に対し20%高い強度を有しています。
  • 3) 耐熱性に優れています。
  • 4) 非磁性です。
  • 5) 表面光沢や耐ウィスカー性に優れるリフローSnめっきも可能です。

このページの先頭へ戻る

主な用途

  • ICリードフレーム、トランジスタ用リードフレーム、各種半導体パッケージ放熱板等
  • 自動車用端子・コネクター、ジャンクションボックス、バスバー、大電流を必要とする導電部品

このページの先頭へ戻る

化学成分

C151の化学成分は以下の通りです。
単純成分ですので導電性に優れています。

(重量%)
Zr Cu
0.1

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

このページの先頭へ戻る

物理的性質

C151の物理的性質は以下の通りです。

特性 代表値
比重 8.9
熱膨張係数
×10-6/K(20~300℃)
17.7
熱伝導率
W/(m・K)(20℃)
360
体積抵抗率µΩm 0.018
導電率(%IACS) 95
縦弾性係数(kN/mm 121

このページの先頭へ戻る

C151S

導電率と強度、耐熱性のバランスが優れた高導電性銅合金。製造工程の改良により強度と耐熱性をさらに高め、次世代自動車用電装品用途に端子、バスバー用途に使用されています。

合金の位置付け

図

C151SはC151に特殊な製造工程を通すことでさらに高強度化したものです。

このページの先頭へ戻る

主な特長

  • 1) 単純成分系により高い導電率を有しています。
  • 2) 製造工程の改良により強度と耐応力緩和特性を向上させています。
  • 3) 電子部品の小型化、低発熱化に貢献できます。

このページの先頭へ戻る

主な用途

  • 自動車用端子・コネクター、ジャンクションボックス、バスバー、大電流を必要とする導電部品

このページの先頭へ戻る

化学成分

C151Sの化学成分は以下の通りです。
単純成分ですので導電性に優れています。

(重量%)
Zr Cu
0.1

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

このページの先頭へ戻る

物理的性質

C151Sの物理的性質は以下の通りです。

特性 代表値
比重 8.9
熱膨張係数
×10-6/K(20~300℃)
17.7
熱伝導率
W/(m・K)(20℃)
C151;360 C151S;347
体積抵抗率µΩm C151;0.018 C151S;0.020
導電率(%IACS) C151;95 C151S;88
縦弾性係数(kN/mm 121

このページの先頭へ戻る

応力緩和特性

図

  • 暴露温度:150℃
  • 曲げ方向:曲げ軸が圧延方向に直角
  • 曲げ応力:0.2%耐力の80%

右にC151Sの残留応力率を示します。

C151Sは、近年のハイブリット車、EV車等による大電流用途の電装部品(ジャンクションボックス等)の小型・軽量化に寄与する高い耐応力緩和特性を有しております。

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

営業統括本部 営業一部 (東京)

  • 第2グループ03-6629-5865

営業統括本部 営業二部 (大阪)

  • 第1グループ072-233-2967

お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ戻る