黄銅、丹銅

黄銅は銅と亜鉛の合金です。他の合金に比べ比較的高い導電率を有し、純銅に比べ強度があり価格も比較的安価なため、さまざまな産業で普及しています。
注意:以下のデータと情報は、合金比較の目的で示されたものであり、購入仕様として使うことを意図したものではありません。

合金の位置付け

銅と亜鉛の合金である黄銅・丹銅については電気銅と亜鉛を社内で溶解鋳造しており、板・条・棒の各形状でご提供致します。

このページの先頭へ戻る

主な特長

丹銅は別名をred brassともいい、淡紅色の色調を呈します。銅と亜鉛の合金ですが、このうち亜鉛の含有量によって色が変わり、その美しい色調から建築用のほか、装飾品、装身具や化粧品のケースなどにも使われます。代表的なものに銅78.5~96.0%、残り亜鉛からなる合金(C 2100~C 2400)があります。
黄銅(おうどう)は銅と亜鉛との合金で、特に亜鉛が20%以上のものを言います。押し広げ性・曲げ性・絞り性・めっき性など加工性に優れ、工業材料として幅広く用いられています。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多くあります。

このページの先頭へ戻る

主な用途

  • ラジエター用、スナップボタン、カメラ用、魔法瓶、配線金具、スイッチ端子、金属雑貨、時計用文字盤
  • 建築用、装身具用、化粧ケース、家具絞り加工用、ファスナー、薬きょう

このページの先頭へ戻る

化学成分

丹銅(C2100)の化学成分を示します。

(重量%)
Cu Zn
95 5

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

黄銅(C2600)の化学成分を示します。

(重量%)
Cu Zn
70 30

※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

このページの先頭へ戻る

物理的性質

丹銅(C2100)の物理的性質を示します。注意:物理的性質は平均をとっています。

特性 代表値
比重 8.86
熱膨張係数
×10-6/K(20~300℃)
18.1
熱伝導率
W/(m・K)(20℃)
234
体積抵抗率µΩm 0.0308
導電率(%IACS) 56
縦弾性係数(kN/mm 118

黄銅(C2600)の物理的性質を示します。注意:物理的性質は平均をとっています。

特性 代表値
比重 8.53
熱膨張係数
×10-6/K(20~300℃)
19.9
熱伝導率
W/(m・K)(20℃)
121
体積抵抗率µΩm 0.0616
導電率(%IACS) 28
縦弾性係数(kN/mm 110

このページの先頭へ戻る

機械的性質

丹銅(C2100)および黄銅(C2600)の機械的性質を示します。

丹銅の機械的性質
  質別(暫定)
0 1/4H 1/2H H
引張強さ
[N/mm]
205Min. 225~305 265~345 305Min.
伸び
[%min]
33 23 18  
ビッカース硬さ
[HV]
60Max. 60~90 80~110 100Min.
黄銅の機械的特性
  質別(暫定)
0 1/4H 1/2H 3/4H H EH SH ESH
引張強さ
[N/mm]
275Min. 325~410 355~440 375~470 410~540 520~620 570~655 620Min.
伸び
[%min]
40 35 28 20        
ビッカース硬さ
[HV]
60~80 80~105 100~130 120~145 135~160 155~175 170~190 180Min.

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

営業統括本部 営業一部 (東京)

  • 第2グループ03-6629-5865

営業統括本部 営業二部 (大阪)

  • 第1グループ072-233-2967

お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ戻る