プレスリリース

2013年9月17日

日本金属学会 技術開発賞を受賞

養殖用金網材「UR30ST」の開発により日本金属学会より技術開発賞を授賞致しました。本賞は創意あふれる開発研究を推奨する目的で、金属工業に関する独創性に富む新技術・新製品の技術開発に優れた実績を収めた技術者に対して送られます。日本金属学会会誌である"まてりあ 新技術・新製品"に記載の製品から選考されました。
「UR30ST」の開発に関しての独創性が評価されたものと推測されます。「UR30ST」は、養殖網への藻・貝類の付着、成長を防ぐ効果により良好な養殖環境を作りだし、過酷な海洋環境にも耐える銅合金です。養殖魚の育成、安全性の面も優れ、日本、チリ、豪州など世界の養殖場で使用され、今後益々の拡販が期待されます。

※田中、大石、吉川:まてりあ,Vo.52,No.3,122-124,2013

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る